息を止めるのはNG! 筋トレの効果を引き出す「呼吸法」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
息を止めるのはNG! 筋トレの効果を引き出す「呼吸法」

筋トレ初心者は体にグッと力を入れるときについつい息を止めてしまいがちですが、それでは筋トレの効果を最大限引き出すことはできません。
せっかく筋トレをするのなら、効率よくどんどん筋肉を鍛えていきたいですよね。

今回は、筋トレの効果を引き出すために覚えておきたい「呼吸法」について詳しくご紹介いたします。

筋トレ中に息を止めるのはNG?

始めにお話しした通り、筋トレ初心者は、体に力を入れた拍子に息を止めてしまいがち。
しかし、息を止めた状態で筋肉に大きな負担のかかるトレーニングをすると、体に酸素が回りにくくなってしまいます。

この状態でトレーニングを続ければ、血圧が上がり、心臓や血管に負担がかかって失神してしまう場合もあるので、充分に気をつけなければなりません。
それでは、気になる基本の呼吸法をチェックしていきましょう

基本の呼吸法を覚えよう!

トレーニング中の呼吸の基本は、「体に力を入れ、筋肉が収縮するタイミングで息を吐き出す」こと。
反対に、体を元に戻し、筋肉を伸ばすタイミングでは息を吸うようにします。

こうすることで筋肉に適度な負荷がかかるようになり、トレーニングの効果がアップしやすくなるのです。
呼吸のコツがつかめない場合には、「フーッ」と息の音がするぐらい大きく呼吸をしてみてください。

呼吸のリズムがつかみやすくなり、より上手く筋トレを進めることができるはずですよ。

筋トレ中の具体的な呼吸方法は?

「力を入れるときに吐き、元に戻るときに吸う」といっても、文章だけでは想像しづらいですよね。
以下のトレーニングの例を参考に、実際の呼吸法を意識してみてください。

スクワット ……立ち上がるときに息を吐き、しゃがむときに息を吸う
ベンチプレス……バーベルを上げるときに息を吐き、バーベルを下げるときに息を吸う

ただし、プランクなどの体幹トレーニングをするときには、体を保持している間自然な呼吸を心がけるようにすればOKです。

一瞬呼吸を止めるテクニックとは?

筋トレ上級者は、先述した呼吸法を心がけながらも、一瞬だけ息を止めるというワザを使うこともあります。
これは筋トレの最もキツい一瞬だけ息を止める「バルサルバ法」と呼ばれるテクニック。

重たいものを思い切り上げるときなど、瞬間的に呼吸を止めたほうが良いという場合もあります。
ただし、バルサルバ法は体や心臓に負担がかかりやすくなるため、筋トレ初心者は取り入れるのを避けましょう。

一瞬呼吸を止めるテクニックとは?

筋トレをする上では、正しい呼吸法を意識することが肝心です。
自分の体を守るため、そして筋トレの効果を上げるために、「吸って吐く」「息を止めない」をきちんと意識するようにしましょう。

また、筋トレの効果アップには、トレーニングの最中に筋肉の分解を防ぐBCAAサプリメントを取り入れるのもおすすめです。
サイベーション・エクステンド」は、吸収力抜群で筋肉の分解を抑制してくれる人気のBCAAサプリメント。
豊富なフレーバーの中から自分好みの味を見つけ、トレーニング中の栄養補給に役立てましょう。

カテゴリーから探す

ブランドーから探す