筋トレの「ウォームアップ」「クールダウン」の重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
筋トレの「ウォームアップ」「クールダウン」の重要性

近年は、運動不足解消のために筋トレを始める人がどんどん増えていますよね。
こちらの記事でも紹介しておりますが、より効率的に筋トレの効果を得るためには、運動前後の「ウォームアップ」「クールダウン」を心がけることが大切です。

それぞれの重要さを理解し、しっかりと筋トレに組み入れて、理想の体を目指しましょう。

運動前の「ウォームアップ」とは?

運動をする前には体をあたためるウォームアップが重要になってきます。
ウォームアップというのは運動前の準備運動のことで、きちんとウォームアップをすれば筋肉の温度が上がります。

体があたたまれば関節や筋肉もあたたまって柔らかくなり、体の可動域が広がるというメリットが。
さらに神経系の伝達能力も上がるので、運動時の体の動きのキレを良くする効果も期待できます。

運動のパフォーマンス向上のため、筋トレをする前には必ずウォームアップをするようにしましょう。

効率的なウォームアップの方法

ウォームアップには体操やその場での足踏み、踏み台昇降運動やウォーキングなどがオススメ。
体を少しずつ運動に慣らすためのものなので、いきなり負荷の大きい運動をするのは避けるようにしましょう。

体をあたためるための運動であるウォームアップは、寒い日には少し長めに行うのがポイント。
逆に夏の暑い日には、ウォームアップで体温が上がりすぎないよう気をつけて行う必要があります。

運動後の「クールダウン」とは?

体をあたためるウォームアップと同じように、運動後には体を冷やすクールダウンも重要になってきます。
クールダウンをしっかりと行わなければ、筋肉痛が起きたり関節に疲労が蓄積したりしてしまいます。

体にダメージが蓄積してしまうと、故障や怪我といったリスクも高まってしまうので気をつけたいもの。
クールダウンには、筋トレによって疲労してしまった体を効率的に回復させる効果があります。

効率的なクールダウンの方法

運動をしたあとには、あたたまった体をゆっくり冷やし、心拍数を下げていくことが大切です。
ストレッチや柔軟体操のほか、軽いウォーキングをするのもクールダウンになります。

体が熱を持って火照ってしまった場合には氷や冷却材で冷やすのも一つの方法ですが、使いすぎると逆に体が冷え切ってしまうので要注意。
「ゆっくりと体を安静な状態に戻す」ことを意識するのが、上手なクールダウンのコツといえます。


効率的なクールダウンの方法

人の筋肉や神経系は、急激な運動をしたり急に運動を止めたりすると負担がかかりやすいもの。
これまであまり意識していなかったという方は、ぜひ今後の筋トレにウォームアップとクールダウンの時間を取り入れてみてくださいね。

また、ウォームアップ・クールダウンとあわせて、筋トレ前にはプレワークアウト、筋トレ後にはプロテインなどを飲むことでよりトレーニングの効果を実感することができますよ。

マッスルファーム社の「アサルト」は、トレーニングのパフォーマンスを最大限に引き出してくれるおすすめのプレワークアウトサプリメントです。
アサルトで集中力や持久力を高めて、ワンランク上のトレーニングに挑んでみてください。

カテゴリーから探す

ブランドーから探す