見栄えの良い筋肉をつけたい! 見た目に関わる筋肉の代表6つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
見栄えの良い筋肉をつけたい! 見た目に関わる筋肉の代表6つ

異性に魅力をアピールしたいと考えたとき、気になってくるのはやはり見た目です。
意中の彼女がうっとりとなるような盛り上がる筋肉や、並み居る男性が振り返るようなキュッと引き締まった体を目指して筋トレをする人は多いもの。

しかし、外見的な魅力アップを目的に筋肉を鍛えるのであれば、ポイントを抑えた鍛え方をしなければなりません。
憧れのスポーツ選手やスーパーモデルの体型に近付きたいあなたに、見た目を大きく左右する筋肉や、それぞれの効果的なトレーニング方法について詳しくご紹介していきます。

見た目に影響を与える6箇所の筋肉

筋力をアップさせるためには全身の筋肉をバランスよく鍛えていく必要がありますが、 見た目の美しさを優先させたいのであれば、それぞれのパーツごとに特に目立つ、大きな筋肉をしっかり鍛えていくことが大切になります。

以下の6箇所の筋肉は、服を着ていても存在感のある大きな筋肉です。

1. 上腕二頭筋    …引き締まった二の腕を作る
2. 僧帽筋      …肩から首のラインをスッキリと整える
3. 大胸筋      …厚い胸板と豊かなバストを作る
4. 広背筋      …背中のたるみを防いでスッキリと見せる
5. 腹筋       …引き締まったお腹やウェストを作る
6. ハムストリングス …お尻から太もものスッキリしたラインを作る

男性にとって異性へ魅力をアピールできるのは、なんといってもたくましさを感じさせる上半身の筋肉です。
首や腕などはスーツやYシャツを着ていてもチラ見せができるので、「この下に隠されている筋肉が見たい!」と思わせるように、しっかり鍛えましょう。

女性の場合は服からの露出が大きい、下半身が重点的なトレーニング部位になります。
下半身は、スクワットのようなトレーニングで一度にいくつもの筋肉を鍛えることができますので、頑張れば頑張っただけ見た目が良くなることを実感できますよ。

自分の理想の体型をイメージして、トレーニングに取り組んでいきましょう。

体の見た目をよくする筋トレ方法

見た目をよくする体の各部位を鍛えるトレーニングには、スポーツジムなどのトレーニングマシーンを使うと効率的です。
トレーナーと相談しながら、以下のようなトレーニングメニューで筋肉を鍛えていきましょう。

上腕筋      ⇒ リバースプッシュアップ
僧帽筋      ⇒ ショルダープレス
大胸筋      ⇒ ダンベルベンチプレス
広背筋      ⇒ ラットプルダウン
腹筋       ⇒ クランチ
ハムストリングス ⇒ ダンベルスクワット

効果で選ぶプロテイン

美しい見た目を作るための筋肉は、一朝一夕で鍛え上げることができません。
目的の筋肉を増強し、見た目を変化させるまでには数ヶ月〜1年間はかかると考えて、あきらめずに根気よく、楽しんでトレーニングに取り組んでいきましょう。

カテゴリーから探す

ブランドーから探す