仕事中の筋トレも効く! シックスパックを作るポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
仕事中の筋トレも効く! シックスパックを作るポイント

「筋トレを始めるからには憧れのシックスパックを手に入れたい!」と思う方は多いことでしょう。
スッと筋が入り、ムキムキに鍛え上げられた腹筋は魅力的ですよね。

しかし、むやみに筋トレをしているだけでは、理想的な腹筋を作ることはできません。
どうしたら憧れのシックスパックに手が届くのか、見落としがちなポイントを含めて詳しくご紹介いたします!

シックスパックスを手に入れるためのポイント

1. 体脂肪を落とす
私たちの腹筋は、実はすでに割れている状態です。
その上に脂肪がついているために、割れた筋肉が見えなくなっているのです。
シックスパックが見える状態にするためには、体脂肪を15%以下にする必要があります。
筋トレだけを行うのではなく、脂肪燃焼効果の高い有酸素運動やカロリーコントロールを取り入れて、体脂肪を絞っていきましょう。

2. 効率の良い筋トレをする
脂肪を減らしても、やはり筋肉が衰えていると綺麗なシックスパックになりません。
腹筋を鍛える筋トレも、上手に取り入れていきましょう。
シックスパックを手に入れるにはスタンダードな腹筋の他に、クランチやレッグレイズがオススメです。
クランチは腰に負担をかけにくいため、腰痛持ちの方にも適しています。

はじめのうちはフォームや体勢をゆっくりと確認しながら行い、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

3. 腹筋を意識する
美しいシックスパックを手に入れるためには、筋トレ中だけでなく普段の生活の中から腹筋を意識しておくことが大切です。
仕事中などでも姿勢を正し、常にお腹に力を入れて腹筋を意識してみましょう。
筋トレほど負荷はかかりませんが、長時間意識することで筋肉が鍛えられ、シックスパックに近づくことができますよ。

また、体勢を変えずに腹筋が鍛えられるドローインも、デスクワークや立ち仕事の最中に取り入れてみましょう。
まずは背筋を伸ばして、息を吐きながらお腹を思いっきりへこませます。

このへこませた状態を、自然な呼吸をくり返しながら15〜30秒キープしてください。
この筋トレはいつでもこまめに実践できるので、シックスパックへの近道となるはずです。

4. 食事内容に気を配る

食事内容に気を配る

美しい筋肉を作るためには、毎日の食事内容に気を配ることも大切です。
できるだけ低糖質・低脂肪・高タンパク質の食事を心掛けて、無駄な脂肪を蓄積しないようにしましょう。
コツとしてはご飯やパンなどの主食を半分〜1/3程度にして、大豆製品や鶏ささみなどの高タンパク質なおかずを多めにすること。

また、果物や炭水化物の多いイモ類は控えめにして、葉野菜(キャベツ、ブロッコリーなど)を多めにすると良いでしょう。
ただし極端に摂取カロリーを減らすと健康を害してしまうので、無理のない範囲で調整してくださいね。

筋肉をつけて理想の体型を手に入れるためには、プロテインを上手に取り入れていくことも忘れてはいけません。
就寝前や朝食時、運動後などのタイミングで上手にプロテインを摂取して、効果的に体作りを行っていきましょう。

カテゴリーから探す

ブランドーから探す