目的によって違う!? 筋トレに適した時間帯とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
目的によって違う!? 筋トレに適した時間帯とは?

筋肉がつき、引き締まったボディラインを持つ人はそれだけでも魅力的に見えるもの。
ムキムキのセクシーボディを手に入れるためには、計画的な筋トレが大切です。
やみくもに体を鍛えるだけでは、美しい筋肉は手に入れることができません。

筋トレを効果的に行うためには、その方法や食生活などはもちろん、時間帯なども重要なポイントとなります。
より効果的な筋トレを行って美しい筋肉を手に入れるためにも、筋トレに適した時間帯や適していないタイミングをチェックしておきましょう。

目的別にチェック! 筋トレに適した時間帯とは?

・筋肉増強→夕方から夜がベスト
筋肉をつけたい場合は、夕方から夜の筋トレがベストだといわれています。
その理由は、夕方から夜にかけての時間帯は体温が高くなるため。
体温が高い時間帯のほうが筋肉の動きが良くなるため、筋トレの効果が得られやすいのです。
しかし、夕食を食べた直後の筋トレは胃腸に負担をかけるため、おすすめできません。
夕食前か夕食を摂って2時間ほど経ってから行いましょう。

・ダイエット→早朝がベスト
筋トレを通してダイエット効果を狙っている場合は、筋トレを早朝に行ってみましょう。
起床後に筋肉を動かすことで代謝が上がり、1日中脂肪が燃焼されやすい状態になります。

ただし、起きて直後は低血糖でふらつきやすいので、体に栄養を与えてから行うことが大切です。
しっかりと朝食をとってしまうとこれも胃腸への負担となってしまうので、バナナ1本程度がおすすめです。

また、朝は筋肉が冷えて固まっている状態なので、念入りにストレッチをしてから筋トレを行いましょう。

筋トレに適さないタイミングとは?

・空腹時
先ほども触れていますが、空腹状態で筋トレをするとエネルギー不足でふらついてしまいます。

また、エネルギーが不足したまま運動をすると筋肉が分解されてしまうため、せっかくの筋トレがムダになる恐れも。
お腹が減りすぎているときの筋トレは避けて、バナナなどの軽食を摂ってから行いましょう。

・入浴前
筋トレ後に熱いシャワーを浴びて汗を流すのは気持ちのいいものですが、実はこれはNG。
筋トレ後は筋肉に炎症が起こって、熱を持った状態になっています。
そんなときに入浴すると、体内に熱がこもりすぎて筋肉の修復が遅れてしまうのです。
どうしても筋トレ直後に汗を流したい場合は、ぬるめのシャワーでさっと流すだけにしましょう。

・就寝前
就寝前に筋トレをすると神経が興奮状態になってしまい、安眠しにくくなります。
しかし、どうしても寝る前しか運動の時間が取れないという場合には、ヨガなどインナーマッスルを鍛える筋トレを行い、その後はゆっくりとストレッチをしてからベッドに入りましょう。
ヨガもストレッチも深い呼吸を繰り返しながら行うと、リラックス作用によって安眠しやすくなりますよ。

筋トレに適さないタイミングとは?

時間帯やタイミングにこだわって筋トレを行うことで、これまでよりも筋トレの効果を感じやすくなります。
あわせてプロテインを取り入れれば、さらに理想の体型へ近づかせることができますよ。

プロテイン初心者の方は、プレーンの飲みやすいものから始めることをおすすめします。
ゴクゴクとプロテインを飲み干して、筋トレ効果をアップさせていきましょう。

カテゴリーから探す

ブランドーから探す