商品説明

エピジェンとは?

業界初・政府科学者とのコラボ

NFL選手や米軍特殊部隊などを対象として開発された特別製剤です。
各種実験でデータが確認されています。

エピジェンは新時代のマルチ栄養素で驚異的なバラエティと含有量を誇る特殊フォーミュラです。

マルチビタミンや抗酸化という次元から一歩進み、現在「アダプトゲン」という、ストレスに対抗するため内分泌系を調整したり免疫を強めたりという、「攻め」のアプローチの研究が行われています。

興奮剤は「元気の前借り」と言われ、疲れが後からやってきます。常用すると身体を蝕むことになります。

アダプトゲンはストレスに対する抵抗力を高める性質があり、抗酸化作用だけでなく、あらゆる作用を通して、身体の恒常性をより高い次元での平衡へと、徐々に導いて行きます。

エピジェンに配合されている物質の数々

・B-COMPLEX
ビタミンB複合体とも呼ばれる。発見当初ラットの発育に必須の単一の水溶性因子として知られていたが、後の研究で複数種の物質からなる混合物であることが突き止められた。ビタミンB群は生体内において、補酵素として機能することが知られている。 ビタミンB群には、水に溶けることと、炭水化物をエネルギーに変える手助けをするという2つの共通した働きがある。


・高麗人参
古くから珍重されていたが、栽培は困難で、18世紀はじめの李氏朝鮮で初めて成功した。韓国では忠清南道錦山郡と仁川広域市江華郡、北朝鮮では開城市が産地として有名。中国では長白山(白頭山)の麓で「長白山人蔘」として栽培される。日本では福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島(旧八束町)の由志園などが産地として知られる。主要な成分は根にあるジンセノサイドとよばれるサポニン群。


・シベリア ・ジンセン
日本の北海道に自生することから、北海道(蝦夷地)の五加(ウコギ)ということで、この名で呼ばれる。他にロシアのアムール州、サハリン州、中国の黒竜江省、吉林省にも分布する。高さは2〜3m。 刺五加(しごか)または五加皮(ごかひ)という生薬名がある。1960年代、オタネニンジンと同じウコギ科の植物であることから、旧ソ連の科学アカデミーが研究を開始したとされる。1980年のモスクワオリンピックでは、ソ連がこれを選手団の強化に利用していたとして、話題になった。 シベリア人参(Siberian Ginseng)とも呼ばれるが、トチバニンジン属の植物ではなく、高麗人参との類縁関係は薄く、有効成分も異なる。


・冬虫夏草
蛾(ガ)の仲間の幼虫に寄生するキノコの一種。高値で取引される冬虫夏草の採取は、高原で生活するチベット人にとって、貴重な経済的収入源の一つとなっている。生薬や健康食品として利用される。中国の陸上競技選手は冬虫夏草エキスを摂取して好成績を残したと言われる。


・トンカットアリ
インドネシア、マレーシア、ベトナムでは男性のバイタリティを高めるとして一番人気の薬草。アメリカでも安全なサプリメントとして認められ人気が高まっている。


・ロディオラ・ロゼア
ロシアではサプリメントとして珍重されてきた。ロシアの調査によると様々な利用法が示されている。一般にアダプトゲンと呼ばれ、様々な利用法が現在も研究されている。


・ミルクシスル
ヨーロッパでは2000年以上も前から種子が利用されてきた。近年ではサプリメントとして利用されている。ドイツのコミッションE(ドイツの薬用植物の評価委員会)も使用を承認している。米国ハーブ協会の分類はクラス1で、適切に使用される場合、安全に摂取することができるハーブに分類されている。


・パインバークエキス
松の樹皮から抽出されるポリフェノールを多く含むエキスは、強力なアンチオキシダント・サプリメントとして古くから利用されている。


・ケルセチン
ケルセチンは、フラボノイドの一種でフラボノールを骨格に持つ物質。配糖体(ルチン、クエルシトリンなど)または遊離した形で柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植物に含まれる。ケルセチンはルチン、ヘスペリジンと共にビタミン様物質(ビタミンP)の一部である。強力なアンチオキシダントとして様々な作用が報告されている。


・パラチノース(蜂蜜で有名)
素朴な甘さを持つ。日本では1985年より甘味料として用いられ、様々な製品に用いられている。抗齲蝕性があり、1986年には「虫歯にならない天然の糖」のキャッチフレーズを売りにした歯磨きガムが発売された。砂糖と同様、体内で完全に消化されるため4kcal/gの質量あたり生理的熱量を持つが、ゆっくりと分解される性質から、血糖値が急激に上がらない。そのため、インスリンの急激な放出や、血糖値の急落を抑え、代謝を促進させることが知られている。


・ビートの根
ビート(てんさい)に含まれるベータブルガロシド (betavulgaroside) 類は小腸でのグルコースの吸収に関係することが分かっている。


・カイエン・ペッパー
カイエンペッパーの名前の由来は、フランス領ギアナの首都、カイエンヌにちなんだもの。 カイエンペッパーは、唐辛子の中でも辛味が強いカイエン種と呼ばれる唐辛子を乾燥させて粉末にして作られたものです。食事管理やエクササイズによる血行促進や体脂肪燃焼を目指す人にお勧め。


・アルギニン・アルファ・ケトグルタル酸
人気アミノ酸、アルギニンの改良版と言われ、更に高い利用率が期待されています。


・L-シトルリン・ベース
シトルリンはアミノ酸の一種で、1930年にスイカから発見されました。スイカの学名がCitrullus vulgaris(シトルラス ブルガリス)であることから「シトルリン」と名づけられています。シトルリンはカラハリ砂漠に自生するスイカ類に多く含まれており、砂漠の過酷な環境で生きていくのに重要な役割を果たしている成分だと考えられています。


・L-シトルリン・マレート
上記シトルリンのりんご酸化合物です。


・ホエイ蛋白
良質のミックス・ベースとしてホエイタンパクを採用しました。


・クレアチン
少量ですがエピジェンの一部として継続して摂ることで徐々に蓄積し、相乗的効果が発揮されると考えます。



摂取方法
一回に1カプセル、1日に1〜3回、水やお好きなジュースで摂取してください。

成分内容

イメージはありません。

カテゴリーから探す

ブランド一覧から探す